04
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Recement Inlay

先日、八百屋さんの店頭で見かけたジンジャーキャンディをふと買って、食べてみたらおいしい! インドネシア産で、原材料はカンショ糖、ショウガ、タピオカスターチ。以上。たしか、2ドルしなかったうえに、一つひとつ丁寧に梱包されていて、素晴らしい。

20170407_1

ただし、なかなかに粘着力があって、まさに「chewy」。噛んでいるうちに、「ガリ」という忌まわしい音がしました。「どうか~キャンディの中に何かが混じっていたということでありますように~」と願いましたが、案の定、左奥歯の詰め物が取れておりました。。。

たまたま歯医者さんの定期クリーニングの予約が翌週に入っていたので、取れた詰め物を持っていきました。歯科衛生士さんのクリーニングが終わった後に、歯医者さんに見てもらったら、ラッキーなことに問題がなく、さらにラッキーなことに歯医者さんにキャンセルが出て時間があったので、そのまま付けてもらえました。詰め物は「inlay」で、詰め物の付け直しなので「recement inlay」。140ドルなり。やれやれ。

オークランドは、嵐が過ぎて、あっという間に秋がやってきました。ついこの間まで、蝉が鳴いて、暑い、暑いと言っていたのに。

20170407-2.jpg

庭ではパイナップルセージが花盛り。手のひらに乗る小さな苗を数年前に植えたのが、ここが気に入ってくれたようで、まるで木のように大きくなりました。ハーブティーにするとおいしいです。

右横には里芋が元気に育っています。おととしに知り合いから苗を一本頂いたもの。去年たくさん取れたので、今年も楽しみです。

それでは良い週末を!

Brita

昨日は、「夏が戻った」感のある暑さでした。午後に娘をバイオリンのレッスンに送って、待ち時間にゆきちゃんと散歩していたら、思っていたより暑くて、二人で海を眺めて、しばし、ぼーっとしていました。

20170329_1.jpg
あづい!

そして今日は、打って変わって大雨です。朝の高速道路の運転、どきどきでした。無事に帰ってこれて、良かった。ふー。

さて本題。我が家は、蛇口に付けるタイプの浄水器を使っています。ずっとBritaを使っていますが、日本で購入した「クリンスイ」を使っていたこともあります。定期的にフィルターを交換するだけで、ミネラルウォーターをうんしょ、と買ってこなくていいので重宝です。飲み水はもちろん、料理にもちゅうちょなく使えます。

でも、しばらく使っていると、水圧のせいか、パッキンの摩耗か、どうしても蛇口と取り付け部の間から水漏れがしてきます。あんまりすぐだと返品ですが、返品期間が過ぎていれば、そんなに高くないので、本体を買い直します。ということで、昨年12月に、近所のMiter10で、また本体を買いました。

フィルターは3カ月に1回の交換が目安、ということなので、先日、同じMiter10に購入しに行ったら、商品が見当たらない。店員さんに聞いたら、在庫がない。端末で調べてもらったら、取扱いもしていない。どうやら、蛇口に付ける浄水器の扱いをやめたらしい。昨年12月に本体を売っているのだから、フィルターだけでも扱ってほしいのに、黙ってやめてしまうのはひどいじゃないか!たぶん、交換とか、クレームが多いのだろうと推測。

仕方がないので、Britaのサイトを調べたら、オンラインで購入できたので、さっそく注文。フィルター2個が送料込みで、100ドル弱でした。これで半年は大丈夫。あんまりまとめ買いして、また本体が壊れたらいやなので、2個にしておきました。今度、本体が壊れたら、そのときにどうするか考えることにします。

3カ月使用したフィルターは、汚い茶色になっています。
20170329_2.jpg

これが水道水に含まれる物質を除去した結果なのか、たんに水が通り続けた結果なのかは不明ですが、とにかく浄水器を使うと、水の味がはっきりと違います。本格的にキッチンに据え付けるタイプの浄水器もありますが、まだリノベーションの予定もたたないし、当分はこの簡単なタイプを使う予定です。

IN SEARCH OF CHIC

以前、「chic」という単語を19歳の娘が知らなかった、と書きましたが(「Chic」)、今朝の新聞のファッション面で見出しに使われていました。

20170322.jpg

ということで、「Chic」という単語は、キウイの母親世代には普通に使われているようです。

記事の内容は、母親と13歳の娘でパリにお洋服を買いに出かけた、というもの。いいな、楽しそう。

我が家の娘はベルギーに行きたい(おいしいものがたくさんありそうだからとのこと)、私はオランダに行きたい(死ぬまでに、憧れの人だったアンネの家をぜひ訪れたい)。さらに、ゴッホやフェルメール、レンブラントなどの名画をうんざりするほど満喫したい、ということで、いつか、この二国を娘と旅行できたらな、と思っています。

では、仕事に戻ります。


プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク