FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
   

ガレージの修理

先週はガレージが開かなくなりました。我が家のガレージは、ニュージーランドでよくある、リモコンで操作してウィーンと扉を開け閉めするタイプ。開け閉めを制御する装置、ガレージドアオープナーはジージーと音を立てるのですが、ドアが開きません。

3年前にドアオープナーが壊れて、新しく付けてもらった時の業者に連絡したのですが、なしのつぶて。検索で見つけた近所の業者で、当時、電話してすぐ来てもらえた記憶があったのですが、もらっていた名刺の担当者の携帯も音沙汰なし。おかしいなあ、と検索したら、なんと、レビューがめちゃくちゃ悪い業者でした。

ショックを受けて、今度は慎重に、レビューの評判が良い業者さんに連絡して、来てもらいました。すぐに連絡をくれた受付の女性もとっても感じがよくて、親切でした。

この3年前のドアオープナーは、中国製の安物で、私はぼったくられてしまったそうですが、でも今回はこの故障ではなく、ドアを支えるバーが折れていたそうです。推測ですが、前の業者はこのオープナーの故障だと思って、知らんぷりを決め込んだものと思われます。

20180828-1.jpg

写真右の方のオレンジ色のテープの部分で折れた箇所がちょうど隠れてしまっていて、駆け付けてくれたテクニシャンさんも最初は分からなかったそうです。「これはこの場では直せない」ということで、数日後にまた来てくれて、1時間ほどで直してくれました。500ドル弱。ふーやれやれ。

ということで、素晴らしい対応だったガレージ修理屋さんをご紹介。

Garage Door Repair Man(そのまんまの名前!)

今度、ドアオープナーが壊れたら、前の業者よりずっと安い値段で、保証期間も7年とのことで、この修理屋さんに頼みます!

あと、ガレージの扉は、洗車する時についでに洗うようにすると、金属表面に粉がふいたりしなくて長持ちするよ、とのことでした。

ガレージが直った日は夕方から、気分も良く、珍しくシティへ(もちろん、ガレージ修理のお祝い、というわけではなく、たまたま予定していた)。

20180828-2.jpg
シティは行くたびに新しいお店ができて、どんどんおしゃれになっていて、びっくりです。
スポンサーサイト

プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク