04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
   

来年までのお楽しみ

先日の嵐の後、ご近所から「葉がたくさんこちらに落ちる」とクレームが来てしまいました。そこで、そのクレームの元である松の木と一緒に、調子がどんどん悪くなってきていたガレージ前の木も切ることにしました。知り合いに紹介してもらったArborist(木の手入れの専門家)に依頼しようと思って、テキストを送ったのですが、なしのつぶて。後から聞いたところでは、どうやら嵐で倒れた木が多くて、どこも予約が殺到しているとのこと。

どうしようかなー、と思っていたら、「木を切りませんか」とパシフィック系の女性がやってきました。こちらでは、パシフィック系の家族でやっている木を切るサービスの訪問がとてもひんぱんです。Arboristよりかなり安いのは間違いありませんが、安かろう、悪かろうなのも事実。でも、思い立ったら吉日、この絶妙なタイミングでやってきてくれたのを生かそうと、見積もりを聞いて、お願いすることにしました。これが先週の月曜日のこと。

翌日の火曜日に、まさに一家総出でやってきました。おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、大きい息子、小さい息子たち、娘たちと、把握できていませんが、10人以上。大きい息子が高い木に登って、チェーンソーで切っていき、ほかのメンバーはえっさえっさと運んでいきます。

20180423-1.jpg
まずは、病気で弱っていて、いつ倒れるか心配だった、ガレージ前のMonkey Apple Treeから。
ところどころ葉が茶色くなって、向こうの空が見えてしまっています。

20180423-2.jpg
これが1時間ほどで、こうなりました。
この木は、調べてみたら、オーストラリア原産のacmena (Syzygium smithii) と言う木で、NZでは増えすぎて困る「Pest Plant」の一つのようです。オークランドシティカウンシルのサイトはこちら
鳥がいっぱい住んでいて、なんだかトトロの木みたいで好きだったのですが、手入れをする価値はなし、ということみたいなので、バッサリ処分しました。

20180423-3.jpg
次は、クレームが寄せられたPineの木。こちらは病気ではないので、剪定することになりました。

20180423-4.jpg
上の方にちらっと見えるオレンジ色が枝を切っているお兄さん。枝といっても太いので、どさーっと容赦なく落ちてきます。

20180423-5.jpg
最後はこうなりました。内側に光が入って、すっきり。

20180423-6.jpg
切った木は、暖炉で使えるようにカットしてくれて、小枝や葉はゴミとして引き取ってもらいます。11時ごろにやってきて、お昼と休憩を挟んで、4時ごろに終了。しめて1500ドルでした。

切った枝が屋根にゴンゴン落ちてきて、「ひいー」と言ったら、「だいじょぶ、だいじょぶ、わははは」という感じだし、一人ずつ順番にトイレを使わせてくれと入ってくるし、熱い紅茶をお母さんに作ってやってくれ、怪我をしたのでバンドエイドをくれ、庭のレモンをくれ、そのレモンを入れる袋をくれと、想定はしていましたが、かなりにぎやかな仕事ぶりでした。でも、この木以外に出ていた大量の剪定枝もしぶしぶながら一緒に引き取ってくれたし、雨も降らずにとにかく無事に終わったので、終わり良ければすべて良し。

ついでながら、こういうパシフィック系の人に仕事を頼む時は、ファンタやコーラなどの炭酸飲料+お茶菓子としてのポテトチップスやビスケットを渡すと喜ばれますよ。

20180423-7IMG_3201.jpg
どちらも大きな木だったので、我が家の暖炉の2年分ぐらいの薪がありそう。この週末に半日かけて、夫と二人で、えっさえっさと小屋の中に運んで、積み上げていきました。なんだか、冬ごもりという感じ。ただし、すぐには使えません。来シーズンまで乾燥させる必要があります。来年までのお楽しみです。
スポンサーサイト

Storm

この週末は、3人+犬1匹でロトルア3泊旅行に出かけていました。なんとか天気がもってくれたので、温泉やらゴルフやら散歩やらをのんびりと楽しみ、火曜日にオークランドに帰ってきました。

なんだか風が強いなー、さすがオークランドだねーと思っていたら、その日の夜にすさまじい暴風雨がやってきました。新聞もテレビもネットもほとんど見ていなかったので、こんなことになるとはつゆ知らず。

夜には屋根ががたがたと揺れ、電気がふらふらと揺れ、「これは停電になる!」と、ろうそくの用意をして、シャワーにも早めに入っておきました。そして、何回かは瞬間的に停電になりながらも、雨漏りもなく、屋根が吹っ飛ぶこともなく、なんとか無事に夜が明けました。

朝になってみると、この嵐でオークランドで10万軒以上が停電となり、いまだに復旧できていない家もたくさんあることが判明。夫によると、我が家の1本隣のストリートも、昨晩の時点でまだ真っ暗だったそうです。私がゆきちゃんとの散歩で歩いた範囲でも、塀があちこちで倒れ、屋根の瓦が飛び、2軒隣の家にいたっては、大きな枝が折れて、電線がぶらぶらと垂れて、とても危険な状態でした。この枝の方向がちょっと違っていれば、我が家も停電の仲間入りだったでしょう。

そして、今夜はまた風が強くなるとのことです。どきどきです。電気、そして、ネットの接続が危ぶまれます。幸い、現在の翻訳仕事は急ぎではないので、今日はちょっと気が楽ですが。

先週まで日中は暑いぐらいだったのに、あっという間に気温も下がり、秋というか、冬がやってきてしまいました。さよなら、夏。さて、ドライブウェイの今日の分の枯れ葉を片付けてきます!

20180412.jpg

行きにハミルトンガーデンに寄るのに使ったWaikato Expresswayの制限速度は、時速110キロでした!

プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク