FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
31
   

Dog Clip

ファッション関係のお仕事中。

バッグの留め具に「dog clip」とある。うーむ、なんだか見覚えがある。でも、日本語でなんというか分からない。

20180124.jpg
これは我が家のdog clip。

「犬 リード 留め具」で検索したら、どうやら「ナスカン」というらしい。
ナスの形をしているからだそう。知らなかった!

20180124-2.jpg
そんなことやっていないで、早くお散歩に行きましょう、と訴えるゆきちゃん。




スポンサーサイト

An Histric First Baby

NZの首相が6月に出産されるとのニュースが先週、発表されました。現役の首相が出産するのは、世界で2番目だそうです。

20180122-1.jpg

政治的な意義はさておき、私が着目したのはこの見出し。「An」+「historic」となっています。最初、誤植かと思ってしまったけれど、検索したら、とても分かりやすく説明された記事を見つけました。

ちなみに首相は出産後6週間で復帰して(すごい!)、ご主人が「主夫」としてお子さんの面倒を見る予定だそうです。


Fire

先日、夫の仕事関係の知り合いから、英語を日本語にした一文のチェックを頼まれました。
その方は英語話者ですが、ある程度、日本語が話せるそうです。でも、念のために、日本語のネイティブスピーカーにチェックしてほしいから、ということでした。

結論から言うと、チェックではなくて、一から翻訳をやり直しました。
意味がまったく不明になっていたからです。
構文の訳し方にも問題がありましたが、なにより、暖炉関係の商品の説明文で、「Fire」が「火事」になっていました。
確かに、「火事だー」という時は、「Fire!」というわけですが、この文章の場合、火事(fire disaster)になってしまっては大変。
「着火」という言葉を使うことにしました。

fireという言葉は、暖炉の火にも、火事にも使うのだなー、日本語は使い分けているのだなーと、改めて気付かせられました。
日本語で、「火事だー」という時に、「火だー」とはあまり言わないだろうし、「火を起こそう」という時に、「火事を起こそう」とは言わない(それでは放火だ!)。

翻訳では、難解なビジネス用語だけでなく、身近な生活関係の用語も要注意、と改めて肝に銘じたのでした。

プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク