09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
   

春らんまん

今朝、ふと外を見たら、我が家のKowhai(コーファイ)がつぼみを付けているのを発見。前の家でワインのおまけに付いていた3粒の種をまいて、「コーファイ3兄弟」と名付けて育てて、かれこれ7年以上(この家に引っ越して6年がたつ)。初めての花です。ご近所で満開のコーファイをあちこちで見かけて、我が家は今年もだめかなーと思っていたところなので、うれしい。

ちなみに、これは長男。三男は数年目に私が日本に帰省中に枯れてしまい、次男はめちゃくちゃな枝ぶりだったので、去年、家の前にほかのプランツと一緒に並べていたら、どこかのだれかにもらわれていきました。

20160927-5.jpg
コーファイはマオリ語で黄色の意味で、鳥たちはこの花の蜜が大好き。地味ですが、ニュージーランドの国花です。本当は地植えにしてやりたいのですが、大きくなるのは間違いないので、鉢植えで我慢してもらっています。

20160928-3.jpg
ネイティブツリーといえば、マヌカ、日本では御柳梅(ギョリュウバイ)が花盛り。これは我が家ではなくて、近所の公園です。

以下は我が家の春の一部をご紹介。

20160928-2.jpg
アネモネ。去年の球根がまた咲いてくれてうれしい。

20160927-1.jpg
ウィンターローズ。日本ではクリスマスローズと呼ばれますが、こちらではクリスマスは夏なので。

20160928-4.jpg
水仙。植えっぱなしの去年の球根が増えてくれました。

20160928-6.jpg
真っ白なジャーマンアイリス。後ろでみんなこっち向いて凝視しているのは、オステオスペルマム

今週から時計を1時間早めるデイライトセービングが始まり、いよいよニュージーランドは心地良い季節がやってきます(今週はちょっと雨が多いですが)。
スポンサーサイト

Farro

最近、車でよく通る道にFarroというちょっとしゃれたスーパーができました。

このEpsom店は、この数年、いろいろなお店ができてはつぶれていって、立地条件はいいはずなのに、どうしてなんだろう、と思っていた場所でした。もともとの地の利はいいので、Farroができてからは大繁盛。

そういえば以前、ライバルのNoshのことを書いたなーと検索したら、なんと6年前でした。→Nosh

このNoshは、数年前に経営者が変わってから、すっかりおもしろくなくなって、足が遠のいていました。こういう高級スーパーに求めるものって、普通のスーパーでは置いていないようなこだわりのある、おいしいもの、目新しいものなのに、店内に入っても、心が躍らないのです。商売というのは、本当におもしろく、また難しいものなのでしょうね。

一方、Farroは、その場でフレッシュジュースを絞ってくれるカウンターとか、NZでは珍しい繊細で美しい色とりどりのケーキとか、ソーセージやチーズも試食がよりどりみどりといった具合。そう、店内のこの華やかさ、楽しさは、日本のデパートの地下に共通したものがあるように思えます。

ちなみにオークランドにはデパートはありますが、そのデパートには日本のような食品街はありません。初めて行った時、「地下がない! 食品街がない!」とびっくりでした。

20160928追記
私は行ったことがないのですが、FarroのMount Wellington店は、知り合いによると、マネジメントが変わって品揃えが悪くなり、閑古鳥が鳴いているそうです。新規店に力を入れているのかな?


プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク