07
1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

Allergy

この数日、キッチンで料理をしていたり、キッチンの隣の仕事部屋でコンピューターに向かっていると、くしゃみを連発。風邪の兆候かと思っていたのですが、ふと気づきました。キッチンから離れている寝室では、くしゃみがぴたっと止まっているのです。

思い当たるといえば、そのちょっと前からキッチンの窓辺に飾っていたシクラメン。かわいいなーと、顔を近づけて見入ったりしていました。検索してみると、やはり、シクラメンの花粉でアレルギーになるのは珍しくないようです。シクラメンを外に追い出したら、ぴたっとくしゃみも止まりました。

その前に、ヒヤシンスの球根をいじっている時は、顔周りが猛烈にかゆくなって、腫れあがりました。これも検索したら、ヒヤシンスの球根に反応するのはよくあることのようです。いままでずっとアレルギーには無縁だったのに、年齢のせいでしょうかねえ。

英語では、「ヒヤシンスの球根にアレルギーがあります」だったら、"I have an allergy to hyacinth bulbs."と言えます。
allergyの発音は「ラジー」、ついでに、hyacinthの発音は「イアシンス」が通じやすいように思います。

寒さと共に、こちらでは風邪やインフルエンザがはやっているようです。お大事に。

20150729.jpg
こんなにかわいいのにー、花粉をまきちらしているなんてー。
スポンサーサイト

祝VDSL開通

今週月曜日に、ついに、ADSLからVDSLへの切り替えとモデムの接続が終了しました。月曜朝にテクニシャンのお兄さんから電話があって、「切り替えるから、モデムは自分で接続できるよね」という電話があり、「むりー、来てー」「えー、簡単だよー」「だめー、外出から4時に戻るから、4時以降に絶対来てー」というやりとりの後、不安に思いながらも私は外出。留守番の娘によると、その直後、ADSLは切れたそうです。

そして夕方に帰ってきて、来ないなーと不安に思いながら待ち続け、「今日はだめかなー」と思いながら、ハンバーグのひき肉をこねていた夜7時ごろ、お兄さんはやってきた! そして、さっさとつなげて、確認を終えて、「フィードバックにいい評価をよろしく!」と言って、去っていきました。なんでも、1ヶ月ぐらいしたら、Vodafoneからテクニシャンを評価するフィードバックの依頼が来るそうです。ちゃんと当日に事前にきちんと連絡をしてくれたし、ちゃんと約束どおり来てくれたし、この国では非常に貴重な対応だったので、もちろん最高の評価を入れるつもりです。

その後、1回だけ接続が切れましたが、モデムの電源を入れ直したら復活。ネットの調子はなかなか順調です。ADSLの3倍は早い!という触れ込みでしたが、確かにさくさく動きます。5月に申し込んで、2カ月で、ようやく開通。わーい。

そこで、念願であった日本のテレビ放送のストリーミング契約をしました→スカイストリーム
年間200ドルほどで、日本のテレビが見放題。日本との時差が3時間あっても、過去3日分の番組がいつでも見れるので問題なし。

24時間無料お試しの時は、途中でダウンしたり、画面がギクシャクしたりしましたが、本契約になってからはとてもスムーズ(いまのところ)です。申し込みのやりとりは日本語。ただし、機械対応ではなく、担当者とのやりとりなので、時差の関係もあって、ちょっと時間が掛かりました。

「植物男子ベランダー」さいこー。

Rose Pruning

昨日は、Botanic Gardensのバラの剪定講座を受けてきました。先週、たまたまこの日にやっているのを見つけたのはいいのですが、雨が朝からザーザー降っているし、どうしようかな、と午前中は迷っていました。でも、出発時間ごろになると快晴になって、急ぎの仕事も入っていなかったので、思い立って、高速道路を南に30分ほど走らせてきました。

1時からだったので、12時45分ぐらいに着いて、とりあえずバラ園の方にてくてく歩いていくと、前方に急いで歩いていく女性がいたので後ろを追ったら、5、6人がすでに集まっていました。スクールホリデー中とはいえ、平日昼間なので、年配の方ばかりでした。

剪定を教えてくれたのは、たしか、ポーラさんとおっしゃっていました。1時間ほどの間に、時折参加者からの質問に答えながら、ハイブリッドティーのバラをばしばしと切っていきます。こうやって切るのか、と、すごく勉強になりました。
20150706-2.jpg

特に、勉強になったのは切るべき枝について。その枝にdieback(枯れている箇所。外見はコブのようになっていて、切り口を見ると、灰色の死んだ組織が食い込んでいる)やcicada(セミ)にやられた箇所があれば、ばっさり切ってしまう。元気そうに見えても、翌シーズンに成長することはない。

ちなみに、バラの世話をするようになって気づいたのですが、NZでは、セミはバラの枝に卵を産み付けるのです! 産み付けられた箇所は、斑点のようになってすぐに分かります。このため、セミは日本のように「夏の風物詩」として愛でられるものではなく、単なる害虫です。土を掘り起こして、セミの幼虫がいたら、取り除かねばなりません。

感銘を受けたのは、「バラは6時間以上の太陽と十分な水と栄養があれば、育つ」という言葉。「Don't worry too much, roses are forgiving, they can survive.」とも言っていました。forgivingは、「寛大、許容する」という意味です。見渡すと、どのバラもさんさんと太陽を浴びて、つるバラでさえほとんど誘引されずに、自由奔放に枝を伸ばしています。さすがにランブラーは支えが必要、とのことでしたが。

日本のバラ関係のブログを一生懸命読んで(なにしろすごくたくさんある)、それぞれの方の誘引や手入れのきめ細かさに感心していましたが、これは気候が厳しい日本で、有効にスペースを使って、たっぷり咲かせようとするから、必要なこと。オークランドは、夏はからっとして涼しく、冬でもあまり寒くならずに温暖で、バラにとってはとても過ごしやすい地域なので、私はNZのおおらかなやり方をもっと取り入れようと思ったのでした。

肥料にはSheep Pelletsを使っているそうで、私も愛用しています。日本では鶏糞や牛糞が一般的だと思いますが、こちらでは「羊糞」です。乾燥したペレット状なので扱いは簡単。それに、土の上にまいておくと、猫がこの匂いが嫌いらしく、ふかふかの土をトイレに使われないで済みます。お勧めです。

今日は昨日とはうってかわって、一日中雨。おまけに昨日、帰ってきたらちょうど仕事も入ったので、昨日のうちに出かけられてラッキーでした。バラ園では、ざっと見る限り、半分以上(全部で1500本あると言っていた)は剪定が終わっていたようだったので、私も晴れ間と仕事の合間を見て、剪定していきたいです。NZでは、バラの剪定は「洗濯物が干せる日」にすること、という教えがありますが、冬に雨が多いオークランドでは、これはなかなか難しい。

それにしても、ポーラさんのsecateurs(イギリス英語で剪定ばさみ)は、スパスパと太い枝も素晴らしい切れ味でした。ハサミはきちんと研いでください、とおっしゃってました。

Botanic Gardensの今の見ごろは、初春の花(水仙、沈丁花、椿など)。ポピーもきれいでしたが、木蓮はまだ、つぼみでした。またゆっくり、花を愛でながら散策したいです。夏になったら、ポーラさんが剪定したバラの咲きっぷりも確かめに行かねば。オークランド市の公園で、入場無料。犬の散歩もOKです。午後から快晴だった昨日は、家族連れや犬の散歩に来た人たちでにぎわっていました。
20150706-1.jpg

インターネットは、先週中にとりあえずの工事が終わって、今日、モデムが届きました。遅々としていますが、前進しております。今週は翻訳仕事が入っているから、来週にスムーズに工事が完了したらうれしいなー。

IRL

IRL=In real life
ネットだけでのつながりではなく、実生活での友人のことを「Friends in IRL」というそうな。

ところで我が家のインターネットの進捗状況ですが、前のプロバイダーのSparkからVodafoneに、家の電話自体は6月に切り替わりました。Sparkからの最終請求書がその切り替わった日までで発行されていました。
てっきり、ネットがADSLからVDSLに切り替わった日に電話も変わると思い込んでいましたが、さにあらず。そして、VDSLにはまだ切り替わっていないので、Vodafoneからの請求はまだ来ていないという状況。

先日、あまりに遅いので問い合わせたら、「お宅の地域の空きがなくて、工事待ちの2番目で、9月になる見込み」という驚愕の返事。ADSLが順調であれば仕事はできるので、まあ、いいか、と思っていたら、突然、今週火曜日にメールが来て、「金曜日午後に工事に行くから」とのこと。工事は立ち合いが必要で、アポイントメントを逃したら料金請求するから、ですって。私は在宅で仕事をしているからいいけれど、それでも、トラブルを考えて、仕事は断ったし、通常の勤め人なら休みを取らねばならないわけで、しかも、本当にちゃんとこの日に完了すればいいけれど、ちゃんと来るかも分からない。

工事前に来るはずのモデムが金曜日当日正午現在の今、まだ届いていません。さらに、工事の人が当日30分前に連絡してくれるらしいですが、はたして、ちゃんと今日来て、工事が終わるのでしょうか? (98%ぐらい、そうならないと思っている私。)

まあ、今年の紅白が生放送で見れたらいいかー(VDSLになったら、日本のテレビが見れるサービスを契約しようと思っている)、という感じの肌寒い金曜日12:13です。

では良い週末を。

プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク