09
2
4
5
6
7
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
25
26
29
30
   

JCount

 時々、翻訳の見積もりをすることがある。1語いくらの世界なので、とにかく原本が何語あるのかを知る必要がある。ワードなら、文字カウントですぐ出るが、PDFだと、いったんワードに貼り付けて確認する必要があって、何ファイルにもわたっていると、結構大変な作業である。

 しかも、たいていの場合、こういう複雑な見積もりに限って、「思ったより高い、やんぴ」となる可能性が高かったりする・・・。

 しかし! ほかの翻訳者さんのブログで、すばらしいソフトを見つけた。その名もJCount。ワード、エクセル、パワーポイント、PDFのファイルの文字換算をしてくれるソフト。しかも私が大好きな「無料」ですよ。

 さっそくダウンロードして、PDFファイルをこのソフトの画面にドラッグすると、あら不思議! あっという間に文字を換算してくれる。

 さあ、これで見積もり依頼、どんと来い。あと、ウェブ画面も文字換算してくれると、もっとうれしいのだけど・・・。
スポンサーサイト

プレハブ

「プレハブ」って何?と聞かれて、はたと困った。
今まで、語源を考えたことがなかった。

調べたら、「Prefabrication」とあった。なるほど。
それにしても「ハ」と「fa」では音が全然違う。

昨日からデイライトセービングが始まり、1時間早くなりました。
今日はとってもいい天気。窓から見える我が家のいちょうの木の芽が一斉にめぶき始めました。

ではHave a nice week!

ワード:フィールドコードが表示されてしまう

以下、覚え書き。

ワードで、文書に入っているフィールドコードが表示されるようになってしまった。
暗号のようになってしまう箇所が出てくる。
たぶん、何かの拍子で、ショートカットを押してしまったのだろう。

解除するには、
ワードのオプション-詳細設定-「値の代わりにフィールドコードを表示する」のチェックを取る

はあ、やれやれ。

では皆さん、良い週末を。

GST値上げ準備

GST、日本でいう消費税は、ただいま12.5%。しかし、10月1日から15%に値上がりされる。日本では考えられない高率。これと同時に、Income Tax、日本でいう所得税は、収入に応じて、値下がりになる。政権を握る国民党のメッセージは明らか。働く者が報われ、働かない者は冷たい扱いを受ける。

実際、この国では、働けるはずなのに、10年以上、失業手当で生活している、といった人が少なからずいて、問題になっている。なので、この改正は、仕方ないよね、ちゃんと収入があれば、減税になるもんね、という感じで受け止められている。日本のように、なんだかごたごたといろいろな人の利権や思惑が入り込んで、なかなかことが進まないのとは大きな違いである。

ただし、そうはいっても、2.5%の値上げは痛い。ということで、買い物に行くたびに、買いだめできるものはしている。ワイン、ビール、トイレットペーパー、ティッシュ、シャンプー、歯磨き粉・・・。ちょうど、今、近所のスーパーが150ドル買えば、ガソリン1リットルにつき15セント割引クーポンをくれる(通常は40ドル買えば、5セント割引)ので、せっせとクーポンをもらっている。

あと、GST値上げ前に、と思って、今日はお気に入りの雑誌、Your Home and Gardenの1年定期購読をした。Entertainmentといういろいろなものを割引してくれるサイト会員なので、トータルでほぼ半額(45%オフ)だった。

ということで、ちょっとやりくり主婦になった気分。

オークランドは大風が吹いて、寒いです。あちこちで、停電や浸水などが起きているようです。

Bee's Knees

新聞を読んでいたら、「彼はBee's knees」だ、という表現があった。「蜂のひざ?」と思って調べたら、「一流の[飛びきり素晴らしい]人[物]」ということらしい。

ランダムハウス英語辞典によると、

しばしば think one is the bee's knees(自分は一流の人物だと考える)として用いる.

ということだそうです。

語源を調べたけれど、「よく分からない」ということしか分からなかった。

類似表現に「cat's whiskers」がある。なんのこっちゃ。

WordのToolbarにTradosが表示されなくなったら

WordファイルをTradosを使って、いざ翻訳、と思ったら、あれ、ToolbarにTradosが表示されない!
そんなときは、アドインから、Tradosのアドインを有効にする。

1. アプリケーションの Microsoft Office ボタンをクリックします。
2. [<アプリケーション名> のオプション] をクリックします。
3.  カテゴリ ペインの [アドイン] をクリックします。
4. 詳細ペインの [無効なアプリケーション アドイン] ボックスの一覧からアドインを探します。
   [名前] 列でアセンブリ名を指定し、[場所] 列でアプリケーション マニフェストの完全パスを指定します。
5. [管理] ボックスの [使用できないアイテム] をクリックし、[設定] をクリックします。
6. アドインを選択し、[有効にする] をクリックします。
7. [閉じる] をクリックします。

そしてリスタートすればOK!
私の場合、原因は、おそらく、Adobe Readerのバージョンアップ。

TagEditorでなんとかなるか、と思ったが、最近、PowerPointファイルでTagEditorでは開かない(絶対に落ちる)ファイルがあったので、やっぱり、ワードを直しておこうと思って、調べた。

勝利感でいっぱいである。

Barter

Barterといえば、バーター取引というぐらいだから、「交換」という意味がぱっと浮かぶ。
しかし、今回の仕事で使われているbarterは、どうもこれでは意味がしっくりこない。
Native speakerに聞いたら、「交渉すること。ただし、negotiateと違って、マイナスの意味が入る。お互いに満足のいく交渉ではなく、条件が悪かったり、納得いかない交渉の時に使う。bargainに近い」とのこと。
あ、そうすると、意味がぴったり合う。ありがとう。

と、思って、辞書を確認したら、ジーニアス英和辞典にちゃんと「交渉する」の意味が載っていた。でも、「マイナスの意味」の説明はなかった。ほかの辞書はどれも、英英辞書を含めて、「交換する」の意味だけだった。

週末は雨ザーザー、風ビュービューの天気でしたが、今日はいい天気。ぽかぽかとして、春、という感じ。

午前中に車で出かけた帰り、もうそろそろ家です、という昼時。歩いていた男の人が裸足だった。これは、想定内。こっちでは、道路でもペシペシと裸足で歩く人がいる。珍しくはない。

でも、短パン一丁で、上半身裸でした。いくらいい天気だからといえ、いくら住宅地の中とはいえ、ちょっとびっくり。

クライストチャーチの地震で連絡をくれた皆さん、どうもありがとう! オークランドは通常どおりです。でも、クライストチャーチは大変なことになっていて、家を失い、保険もかけておらず、途方にくれている人、店がつぶれ、再建のめどもたたないという経営者など、この地震で人生が変わってしまった何千人もの人のことを思うと胸が痛みます。あちこちで募金活動も始まっているので、折りをみて、寄付したいと思います。たいしたことはできないけれど。

Under the Weather

体調が悪い時に使う口語表現。

ランダムハウス英語辞典によると、

(1){話}少々加減が悪い,体の具合がよくない,病気で:
I've been under the weather. ずっと体の具合がよくなかった.
(2){話}二日酔いで.
(3){話}多少酔って,ほろ酔い加減で.
(4){話}月経中で.

とのこと。

英辞に、「【語源】船に乗っていたら急に悪天候になった ⇒ 海が荒れる ⇒ 船が揺れる ⇒ 船酔いして気分が悪くなる」と説明されていた。

衝撃の事実

仕事でちょっと調べていて、衝撃を受けたこと。

ディズニー映画「白雪姫」の白雪姫は12歳。

オーロラ姫の16歳は、昔の人は早熟だったろうなあ、と無理やり納得するが、白雪姫、色気ありすぎ。
ついでにシンデレラはハイティーン、というだけで、特に具体的な年齢は設定されていないらしい。

さ、仕事、仕事。

プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク