10
1
2
3
4
5
6
7
9
11
15
16
17
18
20
21
22
24
25
26
29
30
31
   

IDK

I don't knowの略。メールなんかで使うらしい。若者に教えてもらった・・・。

ちなみに、昨日は午後から雨が上がったので、2時間、草抜きをした。ごみ袋5つ分になったが、まだ終わらない。
スポンサーサイト

草抜き

昨日はLabour Day、日本でいう勤労感謝の日だった。毎年、この週になると、スーパーでも店頭で野菜や花の苗を売り出している。そう、ガーデニングの季節の到来である。

しかし、我が家の庭は、まだ苗を植えるどころではない。このところ(正確には2カ月ほど)庭を放置していたため、雑草がすごい。まずはものすごい勢いで成長している雑草、および野生化して菜の花を咲かせているキャベツ、水菜、菊菜などの冬の野菜を取り除き、Compostを入れて土をたがやさなけれならない。

私はこの作業自体はきらいではない。むしろ、好きな方だと思う。もくもくと無心で作業をする時間が苦痛ではない。ただ、あとで筋肉痛になるけれど。かがんで同じ姿勢でいるし、大量の抜いた草を運んだりすると、結構な体力を使うのである。

ということで、一週間はかかるだろうなあ。がんばろう。

でもそんな私の出鼻をくじくように、今日は雨が降って、風が強い。初日、一本も雑草を抜かずして、すでにめげている・・・。

いやなCM

Racist Australia オーストラリアの日本人殺しCM

生き物を殺して、肉を食べる、という行為自体は、牛でも、羊でも、豚でも、鹿でも、うさぎでも、鶏でも、さらには鯨でも、イルカでも、犬でも、猿でも変わりはない。でも、オーストラリアでは、鯨を食べる日本人はほかの家畜と同様の扱いで十分、ということ?

ちなみにこのビールを買うと、鯨保護団体に寄付が行われるということらしいです。

NZでは、鯨がらみではないけれど、やっぱりすごくいやなテレビCMがある。めがねをかけた典型的な日本人、という感じの男性があきらかに日本語なまりの英語で、商品(家の外回りの汚れを取る薬品)の効能をまくしたてる、というもの。

知り合いのキウイ(彼の奥さんは日本人)と、「あれって、すごい日本人をばかにしているよね」と意見が一致した。そりゃあ、日本人の英語はネイティブスピーカーにとては奇妙に思えるだろうけれど、それをばかにして、おもしろがったCMを作るのって、どうなんだろう。いくらこちらでは、日本人はマイナーだからとはいえ。

NZで生活していると、「差別される」という経験をすることがある。日本では、日本人という主流派だったので、差別されるという経験をしたことなかった(日本で差別がない、という意味ではもちろんない)。こちらで暮らし始めて、「ああ、差別される、ってこういうことなのだなあ」と実感した。

今日はたまたま、とあるサイトでこの衝撃的なCMを見たので、ちょっと思いついたことを書いてみました。

ではHave a nice weekend! NZは月曜日はLabour Day(勤労感謝の日)なので、3連休です。

Movember

11月はMovemberだそうだ。なんだ、それ。その言葉を教えてくれた男の子によると、ただの言葉遊びで、11月のNovemberと口ひげの俗語のmoをかけているだけだ、とのこと。だから、ぼくも11月はひげをはやしてみようかな、と言っていた。

その場ではふーん、と思っていたのだが、家に帰ってネットで検索してみたら(翻訳者のさがです)、なんと、立派な趣旨のある運動であった! 11月中、口ひげを生やして「前立腺ガン」の患者さんを支援する費用やその研究費を集めよう、という運動で、オーストラリアが始まりとのこと。団体のサイトはこちら

なんのこっちゃ、と思いますが、ようは、口ひげをはやす、というキャンペーンで話題を集めて、前立腺ガンにかかりやすい20代から40代の男性の関心を集めよう、というものらしいです。

知らなかった。今度の11月は、口ひげに注目。日本はまだ参加していないみたいです。英語の掛詞だから、ちょっと親しみにくいし、この運動自体が非常にWesternizedされたものですからねえ・・・。

ちなみに10月は乳がんの早期発見を訴える「ピンクリボン運動」の月です。こちらはだいぶ、日本でも浸透しているようですね。

オークランドは今日は、とーってもさわやかな天気。

では今週もがんばって、楽しく1週間をすごしましょう。

Today is under construction

Herald紙の最後のページに、「Side Swipe」という小ネタ記事コーナーがあって、結構好き。今日は日本語のへんてこ英訳が載っていました。

*******

只今工事中のため、ご迷惑をお掛けしております。
何卒ご了承ください。

TODAY IS UNDER CONSTRUCTION
THANK YOU FOR UNDERSTANDING.

*******
という看板の写真があって、そのキャプションがふるっている。

We're trying to understand.

それにしても、こんな意味不明の英語をだれが何を思って作ったのでしょうか?

Capital Punishment

死刑のこと。Capitalの語源は頭。斬首を意味していたところから。

Repeater

日本語の「リピーター」には、「常連客」という意味がある。広辞苑に、例文として、「海外旅行のリピーター」「リピーターの多い店」が挙げられていた。

しかし!

英語の"repeater"は、繰り返す人の内容が「二重投票する不正投票者、再犯者、累犯者、留年生、最履修者」(リーダーズ英和辞典より)といった、あまりいい意味でないことが多いようだ。

「常連客」には、"regular customer""regular"が一般的。

とある日本語のお店紹介サイトを英訳して、Native Speakerにチェックしてもらっていたら、「このrepeaterってどういう意味?」と聞かれてしまった・・・。

日曜日はとーってもいい天気だったけれど、今日はちょっと肌寒い曇り。9月が暖かくてすごしやすかった分、10月が停滞している感じ。では、Have a nice week!

jet-setter

9月30日付けのHerald紙に、「Dads striving for balance in life」という興味深い記事があった。NZでは共働きが普通だが、それでもProfessional(英語では弁護士や医者などの知的要求が高い仕事を指すことが多い)な職業の夫の場合、この夫がBreadwinner(一家の大黒柱)であることが珍しくない。こういったBreadwinnerたちは、仕事と家族との時間とのバランスを取るためにいろいろと悩んだり、模索したりしている。例として、家族との時間を作るために、自分で会社を立ち上げたり、子供との時間を持つために、数年間は奥さんがフルタイムで働いて、自分はパートタイムを選択している、といった人たちが紹介されていた。

この記事の中で、高給取りのエグゼクティブを指して、「A lot of these jet-setters need a wife who is a saint」とあった。 jet-setterは、ランダムハウス英語辞典によると、「ジェット旅客機を利用して始終パーティーや保養地を訪れる金持ち連中,またはジェット機で飛び回って商売をする連中」。NZでは、こういったご主人を支え、文句を言わずに家庭を切り盛りしてくれる奥さんは「saint(聖人)」に例えられるほど貴重だ、ということでしょう。

さらに、忙しくて家族との時間が取れないと悩んでいる人の例として、「He is working from 7am until 7pm everyday for a corporate」とあったが、これって日本ではむしろ早く帰ってきてくれる方だと思う。日本の妻たちは「saint」度がNZより高いかも。

あと、仕事と家庭を両立したいお父さんへの助言として、「仕事を変えるときには、holiday allowanceをたくさん取れるように交渉したらいい」とあった。つまり、雇用条件として有給休暇を多めに設定してもらえ、そうすれば、学校の休みに合わせて休暇を取ることができるよ、とのこと。こういう発想って、日本の雇用形態とは合いませんが。

なにしろ、有給休暇以外に、病気による休暇も、被雇用者の権利として存在するこの国。日本よりずーっとお手軽に、「なんだか、今日は調子がでない」といって、仕事も休んでしまいます。だから、「Karoshi」という言葉は、英単語となっていますが、こちらではあり得ないし、理解もできない。それがいいとか悪いとかではなく、そういう働き方がNorm(標準)である、ということです。

そういえば以前はよく、super momといって、仕事も家庭を完璧、というお母さん像がとやかく言われていたが、今はsuper dadになるためのお父さんたちの悩みが紹介される時代なのですね。

Yeah, but...

Yeah, but...は、「うん、そうだね、でも」という相手への反論に使うのに便利な言葉。いろいろ反論の仕方はあるけれど、これがもっともよく使われて、もっとも便利で、もっとも簡単な言い方だ、とキウイの人が力説していました。

 先週末から真冬かと思うほど寒くなって、ヒーターや暖炉も使ったりしたけれど、ようやくちょっとずつあたたかくなってきた、という感じでやれやれ。

ではHave a nice weekend.

プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク