03
1
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
20
21
23
24
25
26
27
29
30
31
   

Fiscal Year

 Fiscal Yearとは会計年度のこと。NZでは、学校は1月~12月、税金は4月~3月、国家予算の会計年度などは7月~6月と、何もかも3月で終わる日本と比べると、バラバラです。

 日本で働いていた会社時代の3月(それから新年度が始まる4月)は、
非常にあわただしかった記憶があります。そして日本が年度末ということは、南の果ての翻訳者も日本から仕事を受注しているということで、結構ばたばたした月になっています。来週にはもう4月だなんて(つまり1年の4分の1が経過したことになる!)、信じられません。

 昨日までは夏がかなり踏ん張っていましたが、今日はすっかり秋雨模様。ずっと雨が降っています。さて、もうひとふんばり、気を引き締めて。
スポンサーサイト

Ruapehu Lahar

 月曜日にスーパーに買い物に行ったら、新聞スタンドの一面トップが、日曜日に発生した、ルアペフ山の「Lahar」の写真でした。こんな天変地異が起きていたとは、つゆ知らず(テレビをまったくつけずに過ごしていた)で、最初はアジアかどこかでまた洪水でもあったのかと思って見出しを見てびっくりして、さっそく新聞を買いました。

 ルアペフ山は標高2797mの北島一の山で、周囲はトンガリロ国立公園として保護されています。この山の頂上の湖(Crater Lake)が決壊して、ふもとのWhangaehu川まで大量の土砂が流れ込んだというものでした。→緊迫感ある写真の数々はヘラルドサイトの「View Photos 」(トップ写真の下のメニュー)をご覧ください。

 Laharという単語はこの記事で初めて知りました。英語でも日常的な言葉ではないらしく、記事に説明がついていました。「A lahar is a rapidly flowing flood of rock debris and water emitted from a volcano, which if powerful enough can cause considerable destrution. Lahars have occured on Ruapehu for thousands of years, shaping the landscapes we see today」とあり、日本語では、そのまま「ラハール」とするか、「火山泥流」らしいです。

 幸いにも地表の温度や動きを探知するセンサーが働いて、予測ができ、怪我人などは出なかったことがなによりです。翌日の続報を読んだら、当局の警告(再発の可能性がゼロではないとのこと)にもかかわず、野次馬が現場に集っているらしいです。

 ちょっと検索してみましたが、日本での報道記事は見つけられませんでした。

Daylight Saving Ends

 Daylight Saving、つまり、時計を1時間早めていた夏の設定がこの日曜日で終了しました。日曜日の午前12:00に切り替わるため、土曜日の寝る前に、家中の時計を1時間遅らせる必要があります。この作業をすると、「夏が終わりだなあ」と毎年しみじみ思います。

 翌日曜日は、なんだか得した気分です。9時に起きたつもりでも、時計はまだ8時です。ただ、日が暮れるのがぐっと早く感じます。

 今日は風はひんやりしていますが、珍しくいい天気で、日本の秋と似た雰囲気です。セミはもう鳴いておらず(昨日はたしか聞こえていたけれど)、秋の虫がちりちりと、音を立てているのがあちこちから聞こえます。

 日本との時差は、今度のDaylight Savingが来るまで、つまり10月まで3時間となります。

 急に冷え込んだからか、私の周囲ではお腹に来る風邪がはやっているようです。季節の変わり目なので、体調にはくれぐれもご注意を。では、Have a nice week! 

 

Cucumber

 なんだか秋めいてきました。昨日から、ざーっと雨が降るようになりました。雲の切れ間に日が差すと、セミも鳴いて、夏の雰囲気が漂いますが、まちがいなく秋です。

 さて、先週末に八百屋で、キュウリが2本で3ドル、1本で2ドルだったので、ふらふら2本、買ってしまいました。普段は1本で2.5ドルぐらいです。

 たかが2本ですが、こちらのキュウリは日本のキュウリの5倍ぐらいある、太くて長いもの。つまり、その時点で日本のキュウリに換算すると、10本ぐらいを買ってしまったことになります。

 週末に手巻きに使って、昨日サラダに使ったのですが、また1本半残っています。料理をする方ならご存じでしょうが、キュウリというのは足が早い。ゆでてかさを減らす、という手もキュウリには向かないし。

 と困ったときは、クックパッドという料理サイトで検索します(検索欄に、キーワード、今回なら「きゅうり」と打ち込むだけ)。すると、スライスして冷凍保存、とか、しょうゆとミリンで煮込んで漬物に、といった素晴らしいアイデアがありました。

 問題は、そういった手間をかける時間があるか、いや、もっと前にやる気が起きるか、という点でしょう・・・。どうなる、キュウリ?

Nashi

 まだまだ夏らしいいい天気が続いています。今年は、なぜかやたらに梨がおいしいです。冷蔵庫で冷やしてから食べるのが大好き。梨はNashiと呼ばれています。

 ちなみに日本でいう西洋梨はPear。こちらもおいしいけれど、食べごろまで待たないと、甘くならないところが欠点。実は先日も、楽しみに置いていたのに、置きすぎて(つまり忘れていた)、1袋全部、だめにしてしまいました。オーガニックで高かったのに。

 ではHave a nice week!

First Day of Autumn

 あっという間に1年の6分の1が終わってしまいました。気がつけば、すでに3月。

 昨日、カレンダーをめくったら、1日のところに、「First Day of Autumn」とあって、ちょっとゆううつに。まだまだ日中はセミがないているし、扇風機も活躍していますが、夜になると、めっきり冷え込むようになってきました。

 日本の秋は、さわやかな天候、おいしい食べ物、美しい紅葉と、いい季節ですが、こちらの秋は、雨は続くし、風は強くて停電が心配だし、苦手です(ついでにもっと寒くなる冬も、まだまだ寒い春も)。

 そういえばこの間、アメリカで作成された文書の翻訳をしていたら、「秋」の意味に「fall」を使っていて新鮮でした。落葉の季節(fall of the leaf)」から「秋」を表すようになったそうです。

 イギリス英語(つまりNZも)では、秋はもっぱらAutumnが使われます。こちらは、ラテン語のauctumnus「増大の(季節)」と関係があるとされているそうです(ランダムハウス英語辞典より)

 それでは良い週末を。

 

 

プロフィール

映子

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク