02
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

おひな様

先日、娘と一緒にひな人形を出しました。19歳の娘が3歳の時にNZに移住して、その時の引っ越し荷物に入れていたので、このお二人もすっかりNZ暮らしが長くなりました。

20170214-1.jpg

まだウサギのキャンディが元気に駆け回っていたころ、おひな様の扇子から垂れ下がる色が付いたひも(名称を知らない)をかじかじ、とした跡が残っています。

20170214-2.jpg
ほらね、向かって、左側。なんだかむらむらと、ウサギ心をくすぐったみたいです。あっ、と思った時には、かじられていました。

年中行事は、こうやって1年ごとに思い出が積み重なっていきます。娘とわいわい言いながらお雛様を出すのも、あと何回できるかな、とちょっとしみじみ。

スポンサーサイト

Chic

最近、日本のいろいろな人のブログでおしゃれのお勉強中です。日本の私のような中年主婦に人気なお手軽ブランドって、ユニクロとZARAが圧倒的なのですね。ふむふむ。そして、スカーフが復活中ですね。私のエルメスたちもついに再度日の目をみることができるかしら。などどいろいろと興味しんしんです。

私が携帯で、日本の「シックな装い」に関するとある主婦の方のブログを「ほー、おしゃれだなー」と感心しながら読んでいたら、それをのぞき込んだ娘が「シックってなあに?」と質問してきました。「thick(厚い)? sick(病気の)?」ですって。

「えー、ファッションがおしゃれなchicだよー」と答えたら、「そんな単語知らない」とのこと。サンプル数1件というおそろしく粗末な聞き取り調査ですが、おそらく、NZの10代の世代は使わない単語のようです。あれ、日本の若者は日本語の「シック」を使うのかしら(サンプル数ゼロのため確認できず)?

ちなみにchicはそのまま英語読みしたら、「チック」ですが、もともとはフランス語。発音は「ʃíːk」(シーク)。カタカナの「シ」の音でOKです。「thick」のth(日本語にはない音)も、「sick」のsi(カタカナで書くとスィが近い)も違います。


Electricity Outage

先週の土曜日の夜、大風がびゅーびゅーと吹いて、雨がざーざーと降る大荒れの天気。オークランドは風が吹くと、大木がばたばたと倒れ、電線が切れて、停電になる、というパターンが非常にひんぱんに起こります。娘に「これはどこかで停電になるねー」と言っていたら、夜10時すぎに、我が家が停電に! どこかでどすん、と音がして、電気がぶちっと切れてしまいました。

カーテンをめくって外を眺めると、我が家の通りは街灯もすっかり消えて、真っ暗です。ちょっと先に見える駅やショッピングセンターの煌々と輝く光がうらやましい感じ。電気供給会社のVectorのサイトを見たら、9カ所で停電(Electricity Outage)とありました。

あらまあ、これでは復旧に時間がかかるだろう、と思い(停電自体にはすっかり慣れっこになってしまっている)、日本に滞在中の夫に、「停電だー」とLINEをして、さっさと眠りについたのでした。この時点では、まあ、明日の朝には直っているでししょう、とたかをくくりながら。

ところが、翌朝になっても、まだ復旧していません。再びVectorのサイトを見たら、停電の箇所が30カ所以上に増えています。仕方がないので、まだ風は強いものの、天気は回復していたので、犬のゆきちゃんの朝のお散歩に行ったら、数軒先でこんなことに!

20170123_1.jpg

強風で木が倒れて、それによって電柱が倒れて、電線が切れています。そばにいた作業員のお兄さんに作業予定を聞いたら、「2時までに、うまく行けば、お昼には完了予定」とのこと。そのお兄さんによると、ここの状況はそんなにひどいものではなくて、大変な所では、両側の木が倒れて、道路自体が通行できなくなっているそう。なーんだ、大したことないのか、それなら問題ないや、と、足取りも軽く、ゆきちゃんと散歩に出かけたのでした。

ところが、お昼はもちろん、2時になっても、3時になっても、復旧しません。しびれを切らして見に行ったら、新しい電柱が立っていました!

20170123_2.jpg
写真中央の奥のトラック横にそびえるのが、真っ白の真新しい電柱。手前に見える、下の方を白いペンキで塗られているのが古い電柱。なんだか見るからに、日本より頼りない。

とりあえず作業は予定より遅れながらも進んでいるようなので、娘を誘って、近所の図書館で携帯の充電をした後、カフェでコーヒーとケーキを楽しんで、戻ってきました。

すると、今度は作業員が上で電線を引く作業中。それにしても、大変な仕事だなー。この日は、時折激しいにわか雨が降る、なんだか秋のような天気でした。

20170123_3.jpg

だんだん日も暮れてきて、同じ通りの人たちが次々と工事の進み具合をチェックしに来ていました。一晩は許容できても、さすが二晩となるといらいらしてきます。冷蔵庫の中身も心配です。

真っ暗になる前にと、シャワーをさっと浴び(タンク式なので、1日ではお湯がさめない)、夕食はカセットコンロでインスタントラーメンで簡単に済ませたら、することがないことに気づきました。さすがに二日目ともなるとろうそくを出してきて、付けましたが、本を読むにはうす暗い。携帯のバッテリーをもたせるために、ネットで時間をつぶすことはしたくないし。

そうこうしているうちに、ようやく夜10時半ごろに、電気がめでたく復旧しました。わーい。娘としみじみと、電気ってありがたいねー、と電気を使える幸せを味わったのでした。

それにしても、週末で良かった! しかも金曜日に納品を終えて、今週末は作業をしなくてはいけない仕事がなくて、本当に良かった! 自分のブログを検索したら、今から10年前に、納品日に停電になってあわてふためいた話(Blackout)を書いていました。

オークランドは真夏のはずなのに、なんだか肌寒い日が続いています。今回の停電中も、「冷蔵庫が心配だけれど、まあ、真夏じゃないからすずし…、え、あれ、今って本当は真夏のはず…」と気づいて、なんだかおかしかったのでした。

プロフィール

Author:映子

オークランド留学センター
に勤務。翻訳を担当しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

検索フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク